予防医療

診療時間

    休診日

  • 火曜・お盆・年末年始
    ※祝日は曜日に準じます

マダニ・ノミ予防について

マダニは藪や草むらなどに生息し、お散歩中など気づかないうちに寄生されることがほとんどです。

マダニは寄生すると吸血するのですが、犬はそのことに気が付きません。

マダニは多くの病原体を媒介し、吸血による貧血や皮膚炎だけでなく、人の命さえ脅かす病気、SFTS※(1)やダニ媒介性脳炎※(2)にかかる危険性があります。

 

※(1):SFTS(重症熱性血小板減少症候群)
2013年に日本でも初めて死亡例が報告されたウイルスによる感染症、致死率は最大で30%にも上り、北海道でもSFTSウイルス陽性のマダニが確認されている。

 

※(2):ダニ媒介性脳炎
ダニ媒介性脳炎ウイルスに感染した動物から人間に感染することもある疾患で、札幌市内のダニの1割はこのウイルスを持っているとの報告もある。